WordPress(ワードプレス)によるサイト作成の初級者向けに、今回はXMLサイトマップの作成を自動で行うプラグイン「Google XML Sitemaps」について図解説します。XMLサイトマップはサイトの素早いインデックスのために現在最も重要です。この記事でプラグインのインストールからGoogle Search Consoleへの登録までを一連の流れで説明します。

XMLサイトマップを作成するワードプレスのプラグイン Google XML Sitemaps

1.XMLサイトマップとHTMLサイトマップ

サイトマップには2種類あります。ひとつは、XMLサイトマップ、もうひとつは、HTMLサイトマップ。それぞれを簡単に説明すると下記になります。

  • XMLサイトマップ:検索エンジンのクローラー向けのMap
  • HTMLサイトマップ:HTMLで作られたサイト利用者向けのMap、目次ページ

今回解説するのは、XMLサイトマップの作成を行うプラグインになります。作成したXMLサイトマップをGoogle Search Consoleに通知することで、サイトのインデックスを早く正確にしてもらえるという非常に重要な効果があります。

2.Google XML Sitemaps のインストール

ワードプレスのダッシュボードの「プラグイン」>「新規追加」から、「Google XML」と入力して検索します。

下記のプラグインが検索されますので「今すぐインストール」をクリックします。インストールされたら「有効化」をクリックします。

3.Google Search Consoleへの登録

1)Google Search Consoleにログインする

Google Search Consoleのサイトにログインします。

XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに登録しますが、プロパティ(サイト)の登録がまだでしたら、先に下記を参考にサイトをサーチコンソールに登録してください。

2)プロパティ(サイト)を選択する

サイトの左上のGoogle Search Consoleのすぐ下の枠に、現在のプロパティ(サイトアドレス)が表示されているのでそこをクリックし、XMLサイトマップを設定するサイトを選びます。※グーグルサーチコンソールの画面で、サイトは「プロパティ」と呼ばれています。

3)サイトマップのページに移動する

サイトが変更されたら、画面左側メニューより「インデックス」>「サイトマップ」をクリックします。

4)サイトマップのアドレスを入力し送信する

「新しいサイトマップの追加」にサイトマップのアドレスを入力します。Google XML Sitemaps の標準では「sitemap.xml」です。

サイトマップのアドレスは Google XML Sitemaps の設定画面の一番上の枠(下記の赤枠)にあります。

5)サイトマップが登録される

サイトマップを送信しましたと表示されます。

サイトマップが正しく認識できていると、「送信されたサイトマップ」にサイトマップが追加され、ステータスに「成功しました」と表示されます。

サイトを作ったばかりの場合、サイトの登録が終わったばかりの場合は、「取得できませんでした」となることがあります。その場合しばらく待ってから再度確認してみてください。時間を空けてもステータスが成功しましたにならない場合は、サイトマップがうまく作成されていません。手順を見直してください。

以上でXMLサイトマップの作成から、Google Search Consoleへの登録までの一連の流れは終了です。

Google XML Sitemaps は初期設定でも問題ないことが多いですが、設定項目を下記に記しますので、余裕があれば変更の必要があるかどうか確認してみてください。

4.Google XML Sitemaps の設定

Google XML Sitemaps はワードプレスのダッシュボードの「設定」>「XML-Sitemap」から設定を行えます。

1)基本的な設定

まず基本的な設定を行います。デフォルトで下記にチェックが入っていると思いますが確認してください。

  1. チェックを入れるとサイトの更新をGoogleへ通知します。
  2. チェックを入れるとサイトの更新をBingへ通知します。
  3. サイトマップを仮想のrobots.txtファイル(クローラーが参照する) に追加します。
  4. 自動でサイトマップを圧縮します。
    ※もしサイトマップにコードエラーがあればチェックを外しましょう。
  5. HTML形式でのサイトマップも作成します。
ワンポイントアドバイス:HTMLサイトマップは本当にいるの?

実はHTMLサイトマップは私は作成していません。理由はサイトマップのページは自分で作るからです。自分で作った方がリンクの並びを適切に管理できますので。それに、ここで作成されるHTMLサイトマップには「noindex」の属性がつくのです。つまり、Google Search Console でノーインデックスのエラーの対象として検出されます。それもまた面倒なので、どうせ使いませんので消しています。本当に使うつもりがあればチェックを入れて必要なければ消した方が良いでしょう。

2)Additional Pages

もしプラグインをインストールしたワードプレスにないページを追加でサイトマップに加えたい場合は設定できます。※通常は必要ありません。

3)投稿の優先順位

通知する投稿の優先順位をコメント数に応じたものに設定できます。ただ普通のサイトの場合、コメント数と記事の優先度は直接はリンクしないので、「優先順位を自動的に計算しない」に設定を変えます。

4)Sitemap コンテンツ

Sitemapに含めるコンテンツの分類を設定します。「ホームページ」と「投稿(個別記事)を含める」と「最終更新時刻を含める」は必須として、他はサイトに応じて選択すると良いでしょう。

5)Excluded Items

Excluded Itemsでは、サイトマップに含めないカテゴリーあるいは記事を設定できます。もし含めたくないものがあれば入力します。

6)Change Frequencies

Change Frequenciesでは、クローラーの確認頻度を設定できます。ただし実際は参考程度に参照されます、たとえ毎時間に設定したとしてもその通りにクロールしてはくれません。実際の更新頻度に合わせた値としておきましょう。

7)優先順位の設定 (priority)

ページの優先順位を設定できます。

グーグルサーチコンソールへのXMLサイトマップの登録は、現在のサイトのSEO対策(検索順位)には、最重要の設定項目のひとつになります。ぜひ設定しましょう。